So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

12月の雨 [2016]

いま、疲れているな~と思います。

母のこととか、まだまだやるべきことはあるけど、
当面の対応は済んだので、
休憩して、前から楽しみにしていた本を読もうとしたら、
これがちっとも頭に入ってきません。

本を読むのって、私にはいちばん簡単なお楽しみなのですが、
もうそれすらできない状態なんだと気づいたら、
ちょっとショックでした。

仕事もなんとかやっているけど、
集中力が全然続かなくて、悲しいとか感情のせいではなく、
生理的にじわじわと涙ぐんでしまいます。
仕事の帰り道もめまいがひどくなってきて、
毎日じわじわと涙ぐみコースです。

痛み、は、ないんだけど、この涙はいったいなんなんだろう?

できれば何か月とか、自然豊かで環境のいい静かなところに行って、
身の回りのことだけゆっくりして、
何かを楽しむ気力が戻ってくるのを待てればいいのにな。

支えてくれる人はいるんだけど、
たとえば原因不明のめまい、みたいな問題になると、
お医者さんにすらどうにもできないわけで、
そういうたぐいの解決が難しいことって、けっこうあるんですよね。

会社ではいままでとってもお世話になった方が退職されるので、
今月中はしっかり働いてちゃんと送り出したいと思っているのです。
同時に、人手が減ってしまうので、それに対応する仕事の割り振りとか、
これまでとは違うやり方を考えていかねばなりません。
そういう状況でもあり、仕事を少し休むというわけにはいかなさそうです。

仕事は好きなので、ちゃんと集中力を取り戻して、
またしっかり働けるようになりたいのですが。

眠るのにも体力が要る、お年寄りは体力が落ちてくるので、
眠れなくなるっていうけど、
何かを楽しむのも体力気力が必要なのですよね。

冬休みになったらぼんやりのんびりできるかな?
そこに期待して、できるだけ心を落ち着けて待ちます。
nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11月の雪 [2016]

雪.JPG
11月24日、ずいぶん早い雪景色でしたね~。
個人的状況は雪どころではなかったんですけど…。

11月は母の足のしびれで病院に付き添いし、母が頭を怪我して2針縫って、
それでもう事件は十分だったのですが、なかなかそれだけでは済まなくて。


難しい仕事を担当することになったが難航する

私のめまいがひどくなる

会社で一緒に働いている人が肺炎になり、心配する

母の頭の傷の抜糸がすむ。
ただししばらくの間は、脳出血の恐れがあるので注意するように医者に言われる

ある夜、頭痛とめまいがすると、母から電話あり。
翌日は弟の通院に付き添わなければいけないのに、
もし行けなかったらどうしようと心配している。
埼玉県の緊急電話相談に相談して、救急車を呼ぶほどではないと判断するも、
心配で私はよく眠れず

次の日、弟の通院には無事に同行できたとのこと、ひと安心

仕事は相変わらず難航、でも母の傷を一度も見ていないことが気になり、
実家に行って母に会ってくる。
頭の傷はきれいに治ってきており、大丈夫だろうと母を励まして帰宅。
帰宅後すぐ、弟から電話、母のめまいがひどいので救急車を呼んだという。
私はあわてて実家にとんぼ返り。
血圧が186あったので、医者の診断はめまいはそのせいだろうとのこと。
普段は110/60くらいの人だが、血圧が高くなった理由はわからず。
母は家に帰ってきたが、時間も遅いし心配なので私は実家に泊まる

翌日は仕事を午前休にし、母の様子が落ち着いているのを見て、
午後から出社、仕事が無事終わるかスリルを感じる

母の脳のMRIの結果、小さな動脈瘤があるとのこと。
今後半年に一度は経過観察で検査を受けることになる。
頭痛、めまいと直接の関係はないと言われる

12月も引き続き、母の通院が続くので、こまめに様子を聞かねばと思う

難航していた仕事はなんとか締め切りまでに終了、
自分のめまいがほったらかしになっていたので、
これから自分の心身のケアをしていかなければ(←イマココ)

そんな11月でした!


nice!(11)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川越まつり2016 2 [2016]

PA150083 (500x375).jpg
10月の川越まつり記事の続きです。

蔵造りの町並みで有名な一番街のあたりは電線が地中化されているので、
山車がすっきりと見えます。
この元町二丁目の山王の山車は明治4年に作られたもの。

PA150092 (500x375).jpg
すれ違って行ったのは、三久保町の賴光の山車で、明治30年代に作られたもの。

PA150050 (500x376).jpg
着物を肩脱ぎにし、黄八丈のたっつけ袴の手古舞姿の少女たち。

IMG_2746 (500x347).jpg
寛永年間(1624~1644)に川越藩主酒井忠勝によって建てられたという「時の鐘」。
今の鐘楼は明治時代の川越大火の直後に再建されたものだそうです。

ビール.jpg
この日、川越に住んでいる友達にちらっと会えて、
コエドビールが生で飲めるところがあるよと勧められたので、
さわやかな「瑠璃」と香りのいい「伽羅」を、へいじさんとちょっとずつ飲みました。

続きを読む


nice!(15)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -