So-net無料ブログ作成
検索選択

川越まつり2016 2 [2016]

PA150083 (500x375).jpg
10月の川越まつり記事の続きです。

蔵造りの町並みで有名な一番街のあたりは電線が地中化されているので、
山車がすっきりと見えます。
この元町二丁目の山王の山車は明治4年に作られたもの。

PA150092 (500x375).jpg
すれ違って行ったのは、三久保町の賴光の山車で、明治30年代に作られたもの。

PA150050 (500x376).jpg
着物を肩脱ぎにし、黄八丈のたっつけ袴の手古舞姿の少女たち。

IMG_2746 (500x347).jpg
寛永年間(1624~1644)に川越藩主酒井忠勝によって建てられたという「時の鐘」。
今の鐘楼は明治時代の川越大火の直後に再建されたものだそうです。

ビール.jpg
この日、川越に住んでいる友達にちらっと会えて、
コエドビールが生で飲めるところがあるよと勧められたので、
さわやかな「瑠璃」と香りのいい「伽羅」を、へいじさんとちょっとずつ飲みました。




PA150059 (500x375).jpg
山車揃いがおこなわれた市役所の東には川越城本丸御殿の遺構があり、
その手前には敵の侵入を防ぐための中ノ門堀跡があります。

PA150056 (500x375).jpg
この写真の左側が本丸御殿方向です。

PA150095 (500x375).jpg
ぐっと時代は下って、大正7年に建築された第八十五銀行の建物。
ネオ・ルネッサンス様式で、現在は埼玉りそな銀行川越支店となっています。

PA150104 (500x375).jpg
ふだんはバスターミナルである本川越駅(西武鉄道)の駅前が、
この日は開放されてにぎやかでした。
でもこの時点では山車が来ていないので、混んでいるというほどではありません。

PA150107 (500x374).jpg
夜になると明かりがついて、雰囲気が変わります。

PA150111 (500x375).jpg
連雀町は川越城にゆかりの道灌の山車。

PA150115 (500x375).jpg
野田五町の八幡太郎の山車。
決められた場所に飾り置きされ、提灯がともされて居囃子が披露される宵山。

PA150121 (500x375).jpg
八幡太郎が現れ、

PA150129 (500x375).jpg
山車が上の方に迫り出していきます。
前の記事でも書きましたが、この伸縮可能な構造が江戸系川越型山車の特徴。
城門をくぐれる工夫でした。

このあと午後7時からはまた山車が市内を移動しはじめ、
山車と山車が四つ角で出会ったらそこで始まる「曳っかわせ」、
お互いに正面を向けてお囃子を競い合う、川越まつり一番の見どころです。

でも私たちはここで帰ってきてしまいました。
川越駅に向かうと、駅から出てくる人の方が多くて、
きっと曳っかわせ目当てで来ていたのでしょうね。
昼から出てきていてさすがに疲れたし、どんどん混みあってくるので、
曳っかわせ見物はまた次回ということで。

私も久しぶりに川越まつりに来て楽しかったのですが、
へいじさんに川越のことを知ってもらえてよかったな~と思いました。
川越市立霞ヶ関北小学校、川越市立鯨井中学校、埼玉県立川越女子高等学校と、
実は高校までずっと川越だったので、自分にとっては当たり前のことが、
外から来た人にとっては目新しいというのが面白かったです。

神社やお寺の境内でなく、町じゅうを20台以上の山車が曳行されることや、
最大では石高十七万石の川越藩、川越城の城下町で古い歴史のある町だということ、
今歩いているのはお城だったところだと言ったら驚いていたけど、
その場所を歩くことで実感してもらえたかな?

私自身も、新たな目で故郷を見ることができました。
今度は本丸御殿に行ってみようと思います。


nice!(15)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 15

コメント 10

京男

こんばんは。
こんなお祭があるのね。
川越って芋の川越しか知らなかったのです。
すみません。
by 京男 (2016-11-14 19:37) 

キタノオドリコ

コエドビール、飲んでみたいな。
囃子儀定書って? にんべんだし・・・。
故郷を知ってもらえて、よかったですね。
by キタノオドリコ (2016-11-15 06:23) 

pochikun

川越祭り、ホントに一度見てみたいわ~。
見覚えのある建物が写りこんでて
ちょこっと思い出にひたひた。笑
by pochikun (2016-11-15 08:28) 

はてみ

>京男さん
川越のお芋はご存じなんですね。
そうか~お芋は有名なんだ~。
時々「小京都」と間違われるのは恥ずかしい。

>キタノオドリコさん
ほんと儀定書ってなんだろうと私も思ってました。
ぎじょうしょ?誤字ではないのかな?
明治29年に作成されて、川越の小室の囃子連の親睦と団結をはかった、というものらしいのですが…
今度、友達に聞いてみます(^_^;)

>pochikunさん
お祭りの時以外だと、普通の地方都市って感じかも。
見覚えのある建物って…駅前かな?銀行?
うつわ屋さん…?
by はてみ (2016-11-15 13:00) 

sasasa

蔵造の街並みやコエドビールが飲めるところは、
一昨年長期出張の合間に川越へ行ったときに自分も訪れました(^_^)
夜のお祭りもいいですね!
以前埼玉に住んでいた時は、東上線の沿線に住んでいたので、このあたりは馴染みのある場所なのです(^_^)
by sasasa (2016-11-15 22:41) 

ねこじたん

山車がライトアップされるのって
きれいですね〜
おいらの後輩 はてみさんとおなじ高校出身かもです
by ねこじたん (2016-11-16 09:05) 

K

お祭り、明るい気持ちになりますね。
しかし、私は年々ひと混みが息苦しい。人が多すぎるとちょっとこわくて
(テロとかなんか起きたら)ちゅうちょしてしまいます。

by K (2016-11-16 11:21) 

はてみ

>sasasaさん
東上線沿線にお住まいでしたか!
蔵造の街並みのあたりは昔はさびれた雰囲気でしたが、
観光資源として整備されてきました。
まあ、なくなっちゃうよりいいですよね。

>ねこじたんさん
今回は「行く」ことが大事だったので、
いい写真が撮れていませんでした。
次回はもっとよく撮りたいです。
高校は同学年だけで450人いるので、同窓生といったらかなりあちこちにいるのかも(^^)

>Kさん
人ごみは私も苦手です。テロの心配はしないけど。
今回は人ごみ覚悟でがんばって行きました(^^)
by はてみ (2016-11-21 12:59) 

まこ

へぇ~独特の着物の着方のお嬢さんたち
可愛いですね♬
はてみさんのお陰で
川越のお祭りの魅力知りました!!
by まこ (2016-11-27 22:20) 

ぼんぼちぼちぼち

コエドビール美味しいでやすよね。
生ならなおさら旨いでやしょうなぁ(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2016-11-28 21:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0