So-net無料ブログ作成
検索選択

今夜はパーティー [2016]

今夜はホテルでパーティーです(仕事です)。
作家さんを始め、翻訳者さん、イラストレーターさん、印刷会社さん、書店さんなど、
たくさんの方がお見えになるので壮観です。
ただし、こちらはホスト側で、校正者の私は特にお招きする方もおらず、
接待することもないのですみっこでひっそりとしています(笑)

今週水曜のドラマ「校閲ガール」では、
とうとう著者からお怒りの電話がかかってきましたが、(こわー)
幸いそういう経験はありません。
ただし編集者を通してお叱りをいただいたことはあります。
著者に呼び出されてお礼を言われたことはありません。
でもときどき編集者を通してお礼を言われることはあります。

そんなふうに、私の場合、いつも編集者を通してのやりとりなので、
こちらは先生のお顔は写真などで存じていても、
あちらは校正者の顔はご存じないのです。

でも校正の仕事は100%間違いがなくて当然、
1箇所でも見落としがあればその仕事は失敗という世界なので、
わざわざ著者や翻訳者にお会いしないほうがいいのかもと思います。
なにしろ作品を褒める仕事ではなく、間違いがあれば指摘する仕事ですのでね(泣)

ところでパーティーの日は残業できないし、仕事はきつきつで、
今週は家の滞在時間がとっても短いです。
夜9時には仕事を終わりにしているのですが、
母の足のしびれの治療がうまくいかず、
弟は弟で熱を出したりしてと問題があって、
このところ仕事のあとは、母と電話で相談しています。

しびれ自体も問題ですが、歩くのがつらいので弟の通院の付添いが難しいとか、
そこから波及して起こる問題がいろいろあって、
どうしたもんじゃろのう~と頭をひねっています。
母は骨粗鬆症があるので、しびれる足で無理して歩いた揚句、
転倒して骨折でもしたらもっと大変なことになるし。

父が生きていて介護していた頃、弟も病気になり実家で療養していて、
そんな時期に母が腕の骨を折ったときには、
空を見上げて「神様、なんで?」って思ったもんです。
ああいう事態は避けられるものなら避けたいし。

電話で話をしているとさらに帰宅が遅くなってしまうし、
かといって家に着いてからの電話だと時間が遅すぎるし、
用件のみの会話では母も私も安心できないし。

たまには母の話を聞くばかりじゃなく、
楽しかったこととか喋りたおしたいもんです。
nice!(13)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 13

コメント 10

京男

こんばんは。
お母様、転けないように注意してくださいね。
尻餅をついただけでも、危ないです。
確かに電話より、会って話すのが一番。
それも娘と話すのがね。
テレビ会議システムができるのといいのですが・・・。

by 京男 (2016-10-28 17:15) 

K

おつかれさまです。
パーティーでは何をお召しになりましたか?
高齢の問題はあちこちで耳にしますが、おうちによって事情が違うし
むずかしいです。私もいつかは実家に帰るのかなとか、考えちゃいます。
by K (2016-10-29 00:00) 

キタノオドリコ

そんなパーティーもあるのですね。
そうそう、お叱りの電話は山ほどもらうのに、お褒めの電話はほぼ無し。世の中そんなことだらけと思いますね、最近。
骨粗鬆症はねぇ・・・くしゃみしても肋骨にひびが入ることもあると言いますから。
慎重に、お大事に。
by キタノオドリコ (2016-10-29 06:45) 

sasasa

できて当たり前とされるお仕事ですもんね。
でも、そういうお仕事をされている方たちがいるからこそ、
本を楽しむ事ができるのも事実で、
まさに縁の下の力持ちなお仕事ですよね。
by sasasa (2016-10-30 15:28) 

po-net

うっかりテレビ見そびれちゃった!!今週こそみよっと。
いろいろ大変だけど、お互い身体に気をつけましょっ。
by po-net (2016-10-30 16:47) 

asahama

ブログ訪問ご無沙汰してしまっておりました
(そんなつもりじゃなかったんだけど…)
仕事でパーティーおつかれさまです。
実は仕事じゃないパーティーってあんまりないのかもしれませんね…
by asahama (2016-11-05 08:24) 

タックン

「校閲ガール」とても面白いです^^
はてみさんのお仕事の一端が少しわかるような(もっともっと大変なのでしょうが)。
夜の花やしき ちょっとわくわくしました^^
by タックン (2016-11-05 20:43) 

はてみ

>京男さん
母とはスカイプで会話できるようにしてあるのですが、
古い人間だからでしょうか、「話した気がしない」と言って、
電話で話す方がいいみたいです。
娘の顔を見られて安心…とかはないみたい。
私は新しい技術を利用してみたいので、スカイプで話したいのですが、
どうもうまくいきません。

>Kさん
パーティーではデザイン物の黒のスーツを着ました。
ボレロ風のジャケットにタイトスカートの。
私は今のところ親とは離れて暮らしつつ、必要な時に助け合うのが
基本的にはベストかな~と思ってます。
弟の病気がなければそれでうまくいったかなと思いますが、
家によって事情が違うというのはまさにこういう点ですね。

>キタノオドリコさん
会社主催の文芸賞の贈呈式で、毎年やっているものなんです。
今年は高校卒業30周年記念同窓会というパーティーもありました。
ホテルでやるし立食だし、ちょっと似ているかな…?
お叱りが多くてお褒めが少ない、これはいかんと常々思ってまして、
「いいな!」と思えばすかさず褒める、というのが私のモットーです(笑)
満足していれば黙っていて、不満があると口に出す人が多いだけで、
満足より不満が多いわけではないと思うのですよ。

>sasasaさん
時々感謝のことばをいただくとほんとに嬉しくて、
スルメのようにしばらくその喜びをかみしめています(笑)

>po-netさん
自分がどのくらい無理をしているか、案外わからないものです。
お互い声をかけあって、気をつけていきたいですね。
今週の「校閲ガール」も面白かったです。

>asahamaさん
急にniceが増えたのでおや?と思いました(笑)
今年は高校の同窓会があって、そういえばあれもパーティーでした。
そういう華やかなところにはあまり縁がないので、
会社のパーティーも初めのうちは興味しんしんでしたが、
最近は慣れてきましたね。

>タックンさん
タックンさんが面白いと言ってくださって嬉しいです。
家の模型は作ったことありませんが間取りはよく描きますし、
体の動かし方の描写がわかりにくければ、
実際に廊下で、書かれている通りに動いてみて確認したりします(笑)
そういう検証作業は時間さえあれば好きなほうです。
校正してみて問題がなければ万々歳で、
間違いがなかったから調べたのは無駄だった、とは思わないんです。
間違いがないことが確認できてよかった、という感じですね。

by はてみ (2016-11-06 14:30) 

ねこじたん

おしゃべり しよ♪
いつでも いくよ
by ねこじたん (2016-11-06 19:13) 

pochikun

小説でも時々出版社のパーティーシーンが出てくるけれど
ホントに色んな方々が集まってるのね~。
私も毎日母からの電話で話しているけれど
やはり顔を見て話したいな~って。

by pochikun (2016-11-07 07:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。